主の御心を尋ねて–テゼの祈りと調べ–
第11回
公生涯(2) 敵を愛せよ

ルカ6:27~32、35~36


聴取期限2/6
(約12分)

プログラム

・主を求める祈り

イエスよ、あなたは「愛しなさい」「ゆるしなさい」と語られます。しかし、考えれば考えるほど、それは私の心に「重い」のです。私は愛されたい、ゆるされたい。けれども、それをするのは、私には難しいのです。こんなに身勝手な私でも、本当にいいのですか。

・讃美「イエス 内なる光」

・聖書のことば

ルカによる福音書 6章27~32,35~36節 「しかし、わたしの言葉を聞いているあなたがたに言っておく。敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい。悪口を言う者に祝福を祈り、あなたがたを侮辱する者のために祈りなさい。 あなたの頬を打つ者には、もう一方の頬をも向けなさい。上着を奪い取る者には、下着をも拒んではならない。 求める者には、だれにでも与えなさい。あなたの持ち物を奪う者から取り返そうとしてはならない。 人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい。 自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな恵みがあろうか。罪人でも、愛してくれる人を愛している。・・・あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いことをし、何も当てにしないで貸しなさい。そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる。いと高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深いからである。

・ブラザー・ロジェの祈り

あわれみの神、わたしたちは、福音によってこのよき知らせを聞くのです。誰ひとり、そう、誰ひとりとしてあなたの愛からあなたのゆるしから除外される者はいないということ。聖霊、内なる光。わたしは暗闇を選ぶことをけっして望みません。あなたからの光をいつも迎え入れたいのです。イエス、わたしたちの喜び。あなたはわたしたちに呼びかけてくださいます、ついてきなさいと。そしてわたしは気づくのです。あなたの福音はわたしの心と生活を変容させるということを。

・讃美「喜べ、たたえよ」


テゼの集会のご案内
この番組「主の御心を尋ねて–テゼの祈りと調べ–」は、日本でのテゼの集会のご協力による賛美と、テゼ共同体を始められたブラザー・ロジェの祈りの言葉をもとに、放送を通して祈りと黙想を深めるために企画した番組です。ですから、テゼの集会そのものを録音したものではありません。

賛美の音源は、植松功氏(「黙想と祈りの集い」世話人)、打樋啓史氏(関西学院大学教授)よりご提供いただきました。

日本各地でテゼの集会が行われています。ぜひお近くの集会に参加してみませんか。詳しくは以下のサイトをご覧ください。
「黙想と祈りの集い」>>
テゼ共同体の公式サイト(日本語)>>